マチとの遭遇 九州編

地域ブランドの罠(九州のケース)

記事タイトル一覧

ふるさと納税2019 1/②

ふるさと納税。税としては賛否両論ありますが、都会にくらべて営業力で劣る地方にとっては大いなる販売機会です。本号では地方、ただしくは販売弱者の地方にとって垂涎の販売マシンともいえるふるさと納税制度についてリサーチいたしました。もちろんリサーチするのは九州を...

keiki-kazeto keiki-kazeto

ふるさと納税2019 2/②

ふるさと納税2019 1/②の続きです。ふるさと納税。税としては賛否両論ありますが、都会にくらべて営業力で劣る地方にとっては大いなる販売機会です。本号では地方、ただしくは販売弱者の地方にとって垂涎の販売マシンともいえるふるさと納税制度についてリサーチいた...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#5 佐伯

佐伯市。九州一広い佐伯市には地域資源(地域ブランドとも)が充実していると思え、それらが充実しているならふるさと納税の返礼品も充実しているハズと考えられ、寄附金も多く集められるハズではないかと推測できます。 【 佐伯の一コマ 】 しかし、現実はそうでもない...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#3 阿久根 ①/2

阿久根市。自然がいっぱいのマチ。そういったマチは日本全国どこにでもあり、「自然がいっぱい」だけではこれといった特徴になりえず、他のマチとの差別化にもなりません。これといった特徴のないマチのリサーチに出向くのもローカライズド(LCD)の役目です。マチとして...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#3 阿久根 ②/2

罠#3 阿久根 ①/2のつづきです。阿久根市。自然がいっぱいのマチ。そういったマチは日本全国どこにでもあり、「自然がいっぱい」だけではこれといった特徴になりえず、他のマチとの差別化にもなりません。これといった特徴のないマチのリサーチに出向くのもローカライ...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#2 ふるさと納税 ①/2 

生まれ故郷。それを大切にしていますか? ですが、こういった気持ちはこの際、置いておきましょう。地域経済が、さっぱりさえない昨今、ふるさと納税は地域にお金をもたらす仕組みとしてはウルトラC級的な制度と、ローカライズド(LCD)はとらえています。ふるさと感あ...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#2 ふるさと納税 ②/2 

地域ブランドの罠#2ふるさと納税①/2からの続きです。 ふるさとも考えようではモノ次第ふるさと納税〓 そのむかし、「金持ち父さん貧乏父さん」という本がありました。お父さんだけが金持ちにも貧乏にもなるのではありません。市町村もお父さんとおなじく金持ちにも貧...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#1 ゆふいん ①/2

ゆふいん。よく耳にする温泉地ではないでしょうか。一方、実際どれほどのものか?と、気になるところです。地域ブランドの罠#1では、他の温泉地とくらべながら、ゆふいんの"すごさ"その反対の"すごくなさ"を紹介いたします。なお、本号はローカライズド(LCD)メン...

keiki-kazeto keiki-kazeto

罠#1 ゆふいん ②/2

ゆふいん。地域ブランドの罠#1の①/2の続編です。由布市の観光消費額は123億円、一方別府市の観光消費額は882億円です。「あれ?たいしたことないじゃん!」と思った方も多いかと思います。たいしたことがあるか、ないかの評価についてはもっともきびしいあなたが...

keiki-kazeto keiki-kazeto

バックナンバー(もっと見る)

ARQ:番外編

ローカライズド(LCD)は、いつなんどきでも九州の競争力について考えていま...