マチとの遭遇 九州編

地域ケーザイをおもしろく

記者: keiki-kazeto

keiki-kazeto

(発行責任者)

Twitter

ブログを見る

 「だまっておけばいい人」とよくいわれます(「モテるでしょ」と言われることも!!)。私(男性、50歳、1969年生まれ)はローカリストです。ローカリストは、グローバリストに対して地元主義者と訳されることが多いのですが、話が長~くなるので以下の「ブログを見る」をクリックしてご覧ください。

 こういったタイプの人間はへ理屈野郎なので、時間と心に余裕のある方のみご覧になったほうがよろしいかと思います。
 
 時間と心に余裕のある方のみ必見:ローカリスト宣言
 *ブログを見るをクリックすると見られます。 
 
 地域経済の旅人と称しています。「旅人」ではあやしげですので、人前では「地域経済の旅のガイド」と称しています。

経歴

 地元大学を卒業後、転職を繰り返した後、地域活性化のリサーチ、地域ブランドの発掘、観光地のマーケティングという目的で国内各地を回る仕事に落ち着く。
 落ち着く先も(雇われる先とも)民間、行政と2方向。関わる地域に①活性化した、②にぎわった、③発展した、実績なし。その理由は、民間は結局は自社利益優先、行政は組織第一、地域はその次のため、そうなると分析。自らもその一味であることは事実。
 既婚、妻一人(二人いたらたいへん)。所有ライセンスは運転免許、その他少々(忘れた)。両親ともに無名人。三親等以内の親族に有名人なし。受賞歴、表彰歴一切なし。今後もなし。

記事一覧

バックナンバー(もっと見る)

ARQ:番外編

ローカライズド(LCD)は、いつなんどきでも九州の競争力について考えていま...